未分類

大人ニキビとは

大人にきびというのは思春期をすぎてもまだにきびが出来ることを大人にきびとよんでいます。しかし大人にきびは、色々な原因が重なっていて思春期に出来るにきびよりもとても厄介だといわれています。

ストレスがたまると、ストレスに勝てるようにと、にきびの元になっているアストロゲンが沢山分泌されます。大人のにきびはとても厄介で乾燥したことによって肌はなかなかターンオーバーしなくなって、角質がたまっていきそれが毛穴を防いでにきびになってしまいます。

それによって皮脂の量が増えてにきびが出来てしまうといわれています。大人にきびの原因はストレスや肌が乾燥することだといわれています。

大人のにきびを改善するには、まずはストレスをためないことや、角質を小まめに取ること、そして食生活の見直しや生活習慣の見直しも大切になってきます。最近では大人ににきび用の化粧品なども販売されています。

大人にきびは一度出来てしまうとなかなか治らず、にきび跡にもなりやすいので早めの対処が必要になってきます。にきびというのは、思春期をピークにして、発症して、大体の場合は思春期のにきびは年齢とともにホルモンのバランスが安定することでにきびは減っていくといわれています。こちらもおすすめ>>>>>リプロスキンはこちら